ドラクエ2 悪霊の勇者

動画1

ドラクエ2のその後の物語です。
シドーを倒した勇者たちは、シドーに呪いをかけられてしまいました。
その後、ローレシアの王子は欲望のままに行動するようになり、自分の父親を手にかけてしまうのでした。
そして、世界を征服する為の旅に出るのです。
今作はかなり過激な内容が含まれているので、お子様は決して見ないように☆

動画2

サマルトリアの王子を強制的に連れていくことになった主人公は、次にムーンブルクの皇女を連れて行くことにする。
しかし、ムーンブルクは皇女が懸命に復興し、平和の象徴としてやっと立て直したところなので、旅にはついていけないと躊躇する。
そこで主人公は、爆弾石という道具を使って卑劣な手段に出る。
復興したばかりのムーンブルクを滅ぼし、皇女を連れ出すことに成功する。
その後、邪神像の破片を集める為に、主人公一行はルプナガに行き、船を探すのだが…

動画3

船を手に入れた勇者一行は、5年前にサマルトリア王子が呪いをかけられたベラヌールに行くことに。
すると、5年前と同様に再びサマルトリア王子が呪いにかかってしまった。
どうやらベラヌールでは原因不明の呪いで困っているようだ。
サマルトリア王子を放置して旅立とうとするが、ムーンブルク皇女に止められて、呪いの原因を調べることに。
そして、ベラヌールの地下水道を探索に行くと、そこには大盗賊のカンダタがいた。
カンダタを●害して、お宝を横取りした勇者一行は、その宝が邪神像の欠片の一部だったことが判明した。
邪神像から溢れる邪気を抑えたことで、サマルトリア王子の呪いも解けて、一同は水のはごろも職人のいるテパを目指す。
テパでは甘つゆの糸を入手し、人妻を蹂躙した後、今後はデルコンダルへ向かうことに。
そこではかつての優しい王様の姿はなく、闘技場でモンスターと人間を無理やり戦わせて、殺戮ショーを楽しんでいる悪魔のような所業を行っている王の姿が。
王様は魔物に操られていると判断した一同は、かつて自ら滅ぼしたムーンブルクに行き、ラーの鏡を入手することに。
そして、ラーの鏡で招待を暴いた王様を退治し、王様は正気を戻すのだが………

動画4

漁師の村ザハンに到着した勇者一向。
しかし、ザハンでは海が荒れて漁に出ることが出来ず、村人全員が困っている状態だった。
荒れている海を鎮める為、村の男たちは全員、守り神のいる洞窟に出向いたきり、戻ってこなくなったそうな。
村に男がいないという状況を聞いたローレシア王子は、村の女を全員集めることに。
そして、ことを済ませたあとは、村の洞窟に行って、男たちを発見。
しかし、男たちは全員、守り神に食われたことにされてしまい、村の男たちが持っていた潮の矛を奪い取る。
その後、潮の矛を使って今まで行けなかった洞窟に行き、金の鍵を入手。
さらにベラヌールの宿屋に泊っていた商人から牢屋の鍵も入手。
鍵を手に入れた主人公たちは、デルコンダルで金の針を入手し、ドン・モハメに水の羽衣を作らせることに。
水の羽衣を完成させたドン・モハメは用済みということで処分されてしまう。
その後、鍵を使ってペルポイという町に移動する主人公一向だが、そこではジャミラスという魔物を崇拝する邪教徒が町を占領していた。
主人公たちは、邪教徒にわざと捕まって、邪教徒が占領したいる神殿に潜入し、邪教徒たちを討伐する。
そして、邪教徒たちの目的は邪心シドーを復活させることだということが分かったのだが………

動画5

残り2つの邪神の像の欠片を探す主人公一行は、ある旅の扉からローレシアの地下に辿り着く。
しかし、実際にローレシアを探索すると、既に何者かによって滅ぼされていた。
勇者は、復讐の対照である大臣がやられてしまう前に、何とか魔物を発見。
自分の楽しみを奪われた勇者が魔物を倒し、瀕死の大臣に回復魔法をかけさせ、復活したところで斬りつける。
斬りつけても斬りつけても、何度も回復させて、何回も死の恐怖と痛みを味あわせる。
その後はローレシアの地下と、大灯台にて邪神の像の欠片を入手し、いよいよ全ての欠片が集まった。
一方、その頃、ローレシアの西の祠にて、精霊ルビスがジャミラスによってさらわれようとしている。
それを阻止しようとジャミラスに戦いを挑むが、まさかの敗北。
ルビスを返してほしければロンダルキアに来いというジャミラスに復讐することを誓い、邪神の像を完成させるのであった。

1

2