ドラクエ5 REVIVE

動画1

ドラクエ5の7年後の世界の物語です。
ミルドラースを倒して平和になったはずの世界だが、魔物から人間に転生した人々が迫害され、そういった元・魔物の人間はテロリストとなって世界各国に出没している。
ドラクエ5の主人公の娘であるタバサは、ラインハットにいる主人公の恋人。
しかし、タバサはビアンカが自分の恋人と同じ名前の弟を生むという夢を何度も見ている。
そして、テロリストによってラインハットが襲撃されて、報復の為にテロリストのアジトに乗り込んだが、そこにはゲマの部下であるゴンズが待ち受けていた。
ゴンズに苦戦していると、謎の人物が助太刀に来る。
その人物は、誰がどう見てもパパスだった。
しかし、本人はパスティスという人物であり、パパスなどは知らないという。
色々と謎に包まれた新しいドラクエ5の物語が今、幕を開ける。

動画2

西の国で魔王が復活したという情報を聞き、船で西へ向かうことになった主人公を追って、勇者も主人公を追う。
合流した一同は、ポートセルミにて大人気の踊り子であるローラと出会う。
魔王を見たいというローラの希望を聞いて一緒に旅をすることになり、ローラのボディガードであるジージョと共に4人で魔王を討伐することに。
どうやら、ジージョはどうやら勇者のことを知っているようだった。
そして、主人公一行は魔王を討伐する為に、カボチ村があった場所から西の洞窟に向かう。
しかし、そこで待ち受けていたのは魔王ではなく、1匹の魔物だった。
その魔物はどうやら捨て駒だったらしく、他にも強い魔物がたくさんいるとのこと。
何はともあれ、西の国を苦しめていた魔物を退治した主人公一行はラインハットに帰ることに。
ところが、ポートセルミでは船はもう出してもらえないので、ルーラの呪文を売っているというルラフェンに行くことに。
そこでは、ベネットじいさんの孫が研究を続けているということだった。
ベネットじいさんの孫からルーラを買った主人公は、ラインハットへ帰還することに。
しかし、ラインハットでは思いもよらぬ出来事が起こっていた…

動画3

魔物被害が相次いでいる今の状況の諸悪の根源がグランバニアの北の塔にいるという情報を聞き、主人公一行は空飛ぶ靴を使って塔に行く。
そこで待ち受けていたのは、かつてのゲマの側近であるジャミだった。
ジャミはバリアを張っており、全くダメージを与えることができない。
そんな中、謎の魔物がジャミのバリアを無効化する。
ジャミを撃破すると、その謎の魔物はかつてカボチ村を滅ぼした魔物の仲間であり、四天王の一人だという。
激戦の末、四天王という魔物を倒した一同だが、そこに突如ハンニバルが現れる。
どうやら、ジャミの差金でラインハットとグランバニアが戦争を始めそうになっていたのだった。
すぐに、ラインハットに武装を解除するよう命じたが、ハンニバルは武装解除するつもりがなく、グランバニアと全面戦争をするという。
それを聞いて黙ってはいられないグランバニア王子の勇者は、ハンニバルとの決闘に挑むのだが…

動画4

ハンニバルに敗北して死んでしまったと思われていた伝説の勇者。
しかし、勇者は生きていた。
オラクルベリー南の修道院で目を覚ました勇者は、迎えに来た妹と共に、自分の存在意義や戦う意味を見つける為の度に出る。
修道院を後にしてオラクルベリーに辿り着いた勇者一行は、そこでラインハット近衛兵の横暴を目の当たりにする。
こんなやり方は間違っているといい、ラインハット近衛兵を倒す勇者。
そこにハンニバルが現れ、さっそく再戦を試みようとする。
ところが、ハンニバルは一般人に被害が出るといい、その場を去ってしまう。
何を考えているのかわからないハンニバルだが、近々訪れるであろう再戦に向けて勇者はオラクルベリーを後にする。
その後、サンタローズに辿り着いた勇者一行は、パパスそっくりな男であるパスティスと出会う。
パスティスはどうやら昔の記憶を失っており、サンタローズの洞窟の奥に行けば何か記憶を取り戻す手がかりがあるのではないかという。
さらに、洞窟の奥には大昔の勇者が残した手紙があるという情報も入手する。
自分の存在意義が見いだせない勇者は、昔の勇者の手紙を読むためにパスティスと同行し、洞窟の奥を目指すことに…

動画5

コリンズと合流したレックスは、アルカパの町でラインハットに関する情報などを入手する。
その後、オラクルベリー南の神の塔へ行くことに。
そこには、四天王を名乗っていた魔物の仲間が待ち受けていた。
魔物を倒した勇者一行だが、その突如、塔の上空に城が飛んでいるのを発見。
どうやら、その城はハンニバルが戦争用にレヌール城を改造した兵器だったのだ。
レヌール城のアルテマ砲によって神の塔は跡形もなく消えてしまった。
このような兵器を野放しには出来ないということで、一同はレヌール城へ向かう。
だが、そこで待ち受けていたのは、今作の主人公であるはずのトンヅラだった…

1

2